日本の男女同権が実は欧米よりも千年進んでいた歴史的証拠

日本は世界ジェンダーギャップ・ランキングにおいて、153国中の121番にランキングされています。The Global Gender Gap Index 2020 Rankings こんな国際的なランキングを見せられた日本の男女はいとも簡単に「ああ自分たちの国は女性差別の国なんだ」と信じ込んでしまいますが、このランキングを作ったであろう欧米人が果たしてどれだけ日本の文化を知っているのか?日本のフェミニズムと欧米のフェミニズムは志向する方向性に違いがあり、平行に比較することはできないのです。日本を最初に訪れた欧米人は16世紀のキリスト教宣教師、ルイス・フロイスです。フロイスは日本女性が西洋の女性にくらべていかに自由であったかを本国に書き送りました。

ルイス・フロイスの日本覚書

'1. In Europe, the supreme honor and treasure of young women is their chastity and the preservation of their purity; in Japan, women never worry about their virginity. Without it, they lose neither their honor nor the opportunity to wed.' ヨーロッパでは、未婚女性の最高の栄誉と財産は貞操であり、純潔が犯されないことである。日本女性は処女の純潔を何ら重んじない。それを欠いても、栄誉も結婚(する資格)も失いはしない。


'29. In Europe, men walk in front and women walk behind; In Japan, the men walk behind and women in front.' ヨーロッパでは、夫が前方を、そして妻が後方を歩む。日本では、夫が後方を、そして妻が前方を行く。


'30. In Europe, property is held in common by husband and wife; in Japan, each owns his or her own, and sometimes the woman lends hers to her husband at exorbitant rates of interest' ヨーロッパでは、夫婦間において財産は共有である。日本では、各々が自分の分け前を所有しており、ときには妻が夫に高利で貸し付ける。

'31. In Europe, repudiating a woman is not only a sin but a great dishonor; in Japan, one can repudiate as many women as one pleases without them consequently losing their honor or respects for marriage.' ヨーロッパでは、妻を離別することは、罪悪であることはともかく、最大の不名誉である。日本では、望みのまま幾人でも離別できる。彼女たちはそれによって名誉も結婚も(する資格)も失わない。


'32. In accordance with corrupt nature, it is men in Europe who repudiate women; in Japan it is often the woman who repudiates the man.' (ヨーロッパでは)墜落した本姓にもとづいて、男たちの方が妻を離別する。日本では、しばしば妻たちの方が夫を離別する。


'34. In Europe, the seclusion of daughters and maidens is important and rigorous; in Japan, daughters go out for the whole day, or many, wherever they want to, without telling their parents' ヨーロッパでは、娘や処女を(俗世から)隔離すること、はなはな大問題であり、厳重である。日本では、娘たちは両親と相談することもなく、一日でも、また幾日でも、ひとりで行きたいところに行く。


'35. Women in Europe never leave the house without their husband's permission; in Japan the women are free to go where they please without their husbands' knowledge' ヨーロッパでは、妻は夫の許可なしに家から外出しない。日本の女性は、夫に知らされず、自由に行きたいところに行く。

The First European Description of Japan, 1585

The First European Description of Japan

中世の日本の男女は特に財産権において平等でした。西洋の歴史は戦争の歴史であり、西洋の女性は戦利品の部分がありました。一方、日本の歴史は平和の期間が長く、 女性は男性と同等の権利を有していました。日本では夫が給料の全額を妻に渡し、妻から小遣いをもらうことは極めて一般的です。

Is it a myth that a significant number of Japanese husbands hand over their salaries to their wives for management?  日本の夫たちのかなりの割合が妻に給料を渡すのは本当?

Why male Japanese wage-earners have only 'pocket money' - BBC News なぜ日本のサラリーマンは小遣い制なのか?BBCニュース

旧越後長岡藩の家老の娘として生まれ、1890年代後半に渡米した杉本鉞子(えつこ)が過去を回想し、アメリカでベストセラーになった「武士の娘」は第一級クラスの歴史的文献です。この本の中で著者はアメリカ女性が金を稼ぐ方法はおろか貯金の仕方すら知らず、金銭面では完全に夫に依存させられている状況を見て驚くと同時に、哀れんでいます。

武士の娘 杉本鉞子

Daughter of the Samurai

'One thing in America, to which I could not grow accustomed, was the joking attitude in regard to women and money.' アメリカへ来て、どうしても馴染めないものの一つは、婦人と金銭に対する不真面目な態度でありました。

'probably a foundation of serious truth might lie beneath some of the amusing stories.' この冗談の中に、きびしい事実が根底に横わっているのではないか

'a pretty, bright, and beautifully dressed woman rose and said that she didn’t know how to save money and she didn’t know how to earn it. She had promised not to cheat in her charge account at the store, and she had promised not to ask her husband for the five dollars, so she had done the only thing that was left for her to do she had stolen it from her husband's pocket when he was asleep. This report caused a great deal of merriment, but I was saddened. All the reports seemed tragic after she said, “That was the only thing left to do.” It seemed incredible, here in America, where women are free and commanding, that a woman of dignity and culture, the mistress of a home, the mother of children, should be forced either to ask her husband for money, or be placed in a humiliating position.' ところが身装も立派な美しい婦人が立って、貯金の仕方も知らず、お金を儲けるすべも知らず、さりとて、勘定書の数字をごまかすことも、夫にねだることもできなかったので、残されたたった一つの方法をとって、夫が寝ている間に、ポケットから無断で持って来たと話されました。すると、一座は湧き返るにぎやかさでしたが、私は悲しくなってしまいました。「残された、たった一つの方法」 だと、お話になってからは、今までのお話が、みんな悲劇 のように思われてなりませんでした。婦人が自由で優勢な、 このアメリカで、威厳も教養もあり、一家の主婦であり、 母である婦人が、夫に金銭をねだったり、恥しい立場にまで身を置くということは、信じられそうもないことであります。

(もっと長い文章がこのページの下にあります)

西洋の文化と日本の文化は違います。日本女性は政治システムからは排除されていた代わりに家庭では支配権がありました。西洋の女性は政治システムから排除されていたと同時に家庭でも支配権を持てませんでした。そこで西洋のフェミニズムは政治システムと家庭の両方で女性の権利を認めようとします。どちらが良いかは別にして、とにかく日本女性が抑圧されていたとする西洋人の見解は大いに間違っています。抑圧されていたのはむしろ西洋女性の方であり、平安時代から考えれば日本の男女同権は欧米の千年先を行っていたのです。

つづく

Yoko dominated the whole situation , always chose for both of them , and even paid the bill at the end


A Daughter of the Samurai by Etsu Inagaki Sugimoto

One thing in America, to which I could not grow accustomed, was the joking attitude in regard to women and money. From men and women of all classes, from newspapers, novels, lecturers, and once even from the pulpit, I heard allusions to amusing stories of women secreting money in odd places, coaxing it from their husbands, borrowing it from a friend, or saving it secretly for some private purpose. There was never anything dishonorable implied in this. Perhaps the money was saved to get new curtains for the parlour, or even a birthday present for the husband. These jokes were a puzzle to me — and a constantly growing one; for as time passed on, I myself saw things which made me realize that probably a foundation of serious truth might lie beneath some of the amusing stories. アメリカへ来て、どうしても馴染めないものの一つは、婦人と金銭に対する不真面目な態度でありました。あらゆる階級の男女、新聞、小説、講演、時としては教会の講壇 から諧謔まじりであったにせよ、女が靴下の内にお金を貯えるとか、夫にねだったり、友達から借りたり、何か秘密 の目的でそっと貯金したりするというような、おかしい話 を暗示されました。おそらく貯えたお金で、客間のカーテンを買ったり、夫の誕生日の贈物を購ったりするのでありましょうが、こんな冗談が、私には合点がゆきませんでした――そして、時が経つにつれて、色々のことから、この冗談の中に、きびしい事実が根底に横わっているのではないかと思いつき、ますます判らなくなるばかりでございました

Our suburb was small and we were all interested in each other's affairs so I was acquainted with almost everybody. I knew the ladies to be women of education and culture yet there seemed to be among them a universal and openly confessed lack of responsibility about money. They all dressed well and seemed to have money for specific purposes, but no open purse to use with free and responsible judgment. Once, at a church fair, where I had a table, several ladies, after walking around the hall and examining the various booths, had bought some small, cheap articles, but left the expensive ones, saying, "My husband will be here later on and l get him to buy it,” or "When the gentlemen come those high-priced things will sell.” I had never known a Japanese man to buy anything for his home, or be expected to. 私共の村は小そうございましたから、互いの私事にまで興味を持っていましたので、私も大抵の方とお知合になりました。ここの婦人方は教養のある方ばかりかと思っておりましたが、誰方も一様に金銭についての無責任を平気で口に出しておっしゃいました。身装もよく、お金にも恵まれた方のように見えるのですが、責任ある判断をして、自由に財布の口をゆるめるということがありませんでした。 ある時、教会のバザーで、私も売手に廻っておりますと、 数人の婦人方が、廊下を歩き廻ったり、売店をのぞいたりしたあげく、小さな安物ばかりを買い、高価なものには手も触れず「あとで主人が来たら買わせましょう」とか「男の人が来ると、高いものが売れますよ」とかおっしゃるのでした。日本では、男の人が家庭の品物を買うということは、聞いたこともありませんでした。

Once, when I was shopping with a friend, she stopped at her husband’s office to ask him for money. I thought that was strange enough, but a still more curious thing happened when I went with Mother to a meeting of the church ladies where they were raising a certain amount for some unusual purpose. The Ladies' Aid had recently made a great many calls on the husbands' purses, and so this time each member had pledged herself to bring five dollars which she must obtain without asking her husband for it. The meeting I attended was the one where the money was handed in, each lady telling as she gave it, how she had succeeded in getting her five dollars. Most had saved it in various ways a little at a time. One said that she had made a real sacrifice and returned to her milliner a new hat—paid for, but not worn—receiving in exchange one that was five dollars less in price. Another had sold two theatre tickets which had been given her. Still another told in very witty rhyme, how she, a poor Ladies’Aid lady, had spent most of her leisure time for a week, and had pledged herself for a week longer, in darning stockings for the children of her neighbour, a rich non-Ladies’Aid lady. またある時、友達と一緒に買物に出かけましたら、途中でその人は夫の事務所へよって、入用だけのお金を貰って来ましたので、ずいぶんおかしなことだと思っていましたが、もっとひどいのは、「母上」と私とで教会の婦人会に 出席した時でありました。この集りでは、何か臨時の支出 のために、寄附をつのることになっていたのでした。婦人会では最近、相当な金額を夫の懐から支出してもらっていましたので、この時は銘々、夫に貰わずに、5ドルずつ持寄ることになっていました。そこで、このお集りで、皆さんがその5ドルを出す時に、どうして手に入れたかを冗談まじりにお話になりました。大抵は、少しずつ、色々な方法で、 貯金したということでありましたが、ある人はこのために、 「大変な犠牲を払った」と前置きしてから、「買ったままで、 一度も彼らないでいた帽子を、帽子屋へ持って行って、5ドル安いのと取替えた」とお話になりました。又、ある人は 他人様から頂いていた芝居の切符二枚を売ったとおっしゃられ、余り豊かでないある会員は、一週間、暇をみては、 あるお金持で会員でない家庭の子供の靴下つぎをしたが、 これからもう一週間しなければならないと、おもしろおかしくお話になりました。

The meeting was intensely interesting. It reminded me of our poem-making parties, only of course this was gayer and these stories were on an undignified subject. I enjoyed it all until a pretty, bright, and beautifully dressed woman rose and said that she didn’t know how to save money and she didn’t know how to earn it. She had promised not to cheat in her charge account at the store, and she had promised not to ask her husband for the five dollars, so she had done the only thing that was left for her to do she had stolen it from her husband's pocket when he was asleep. こんなにして、お話を聞いていますと、大変おもしろくて、私は、日本の歌留多会を思い出しておりました。が、 もちろん、このお集りはずっと陽気で、話題もくだけたも のでありました。ところが身装も立派な美しい婦人が立って、貯金の仕方も知らず、お金を儲けるすべも知らず、さりとて、勘定書の数字をごまかすことも、夫にねだることもできなかったので、残されたたった一つの方法をとって、 夫が寝ている間に、ポケットから無断で持って来たと話されました。

This report caused a great deal of merriment, but I was saddened. All the reports seemed tragic after she said, “That was the only thing left to do.” It seemed incredible, here in America, where women are free and commanding, that a woman of dignity and culture, the mistress of a home, the mother of children, should be forced either to ask her husband for money, or be placed in a humiliating position. すると、一座は湧き返るにぎやかさでしたが、私は悲しくなってしまいました。「残された、たった一つの方法」 だと、お話になってからは、今までのお話が、みんな悲劇 のように思われてなりませんでした。婦人が自由で優勢な、 このアメリカで、威厳も教養もあり、一家の主婦であり、 母である婦人が、夫に金銭をねだったり、恥しい立場にまで身を置くということは、信じられそうもないことであります。

コメントを追加

コメントの言語コード

制限付き HTML

  • 使用できるHTMLタグ: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
  • ウェブページのアドレスとメールアドレスは自動的にリンクに変換されます。
CAPTCHA
この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。
10 + 9 =
簡単な計算問題を解き、答えを入力してください。(例: 1+3 の場合 4 と入力)
セキュリティー
236174598Click/tap this sequence: 3742